忍者ブログ

天空に鷹、地を往く猛牛、宇宙にあまねく那由多の星福岡ソフトバンクホークス・オリックスバファローズ・横浜DeNAベイスターズファン。BBMにも手を付け始めてもうえらいことになってるんだ(*^◯^*)!

百鬼百人衆角面鬼兄弟、やきう場に推参す。ZOZOマリンスタジアム編3

試合は進む、どんどん進む。
3回の表、ビジターチーム・ソフトバンクホークスが2アウト2塁より、キャプテン・ウチカワの長打で得点を先取。
そのまま試合は、4回まで到達した。
…と、その時。
明るいスタジアムDJの声が、軽快な音楽が、スピーカーから降ってきた。
「さあ、今日も始まりますパッションオブザファン!
素敵なパッションを見せてくれた人一名に、素敵なプレゼントが当たりますよぉ~!」
どうやら、観客を飽きさせないため、イベントのようなものがあるらしい…
一体どんなイベントなのかと、二人が周りを見回していると…
「!」
「あっ、かわいい…!」






場内をさまよう視界、二角鬼の視界が…ぴたり、と静止する。
視力4.0を誇る鬼の瞳が、まっすぐに射たのは何か。
それは…チームのいるベンチ、その真上の屋根部分。
そこで一心不乱に踊る美女たちの姿!
キュートな衣装、ひるがえるスカート、そして輝く笑顔…
マリーンズのチアリーダー・M☆Splashだ!
はじけるスマイル、周りの客たちを魅了する。
健康的な肢体をしなやかに弾ませながら、彼女たちは踊る。
そして…彼女たちだけではない、鳴り渡る音楽に乗って一緒に踊っているのは…
「え、え、何?お客さん?」
スタジアムの様々な場面を、ビジョンは映す。
元気よく、ニコニコと笑いながら、踊りまくっているユニフォーム姿のファン達…
時には仮装をした者すら映り、観客たちを喜ばせる。
何だか、それは見ているだけでこちらも笑顔になってしまうほど、楽しげで。
「面白そう!やろうよ、兄ちゃん!」
「…。」
「兄ちゃんったら!」
「…。」
三角鬼、一生懸命呼びかけるも…次兄は全く動かない。
遠く見えるチアリーダーの姿に、まさに釘付けである。
双眼鏡を持ってくればよかった、次から絶対持ってこよう…
今、二角鬼は、そう心に誓っていた。

一方、その頃。
「はぁ、はぁ…」
「大丈夫です?」
「だ、大丈夫だ…」
心配する黒縁メガネに片手をあげ、平気だとアピールして見せる…ものの。
イニングの合間、一角鬼はすでに肩で息をしていた。
これほどまでとは思わなかった…
野球の応援が、ここまで体力を消耗するものだとは。
何しろ、自軍の攻撃中は、外野席は立ちっぱなし。
そして、応援団なる者たちの指示に合わせ、選手を後押しするための声出しを行う。
特にこのマリーンズはファンの応援が熱いことで知られているらしく…
全員、声をからさんばかりの大声で、選手の名を呼び、彼らのための歌を歌うのだ。
その音量は、最早ただの声ではない…
すでに、一種の「圧」として、グラウンドに向けて吹きすさぶ。
時折、守備側のホークス外野手がこちらを顧みるのも、そのすさまじい「圧」を背で感じているからだろう。
隣の黒縁メガネの動きや声出しを見よう見まねでまねし、もらった歌詞カードを使いながら歌い…と、何とかかんとかついていけている(と、思う)が…
百鬼帝国百人衆、エリート集団の一員たる一角鬼、体力には自信があった。
しかしながら、歌い続け、叫び続け、飛び跳ね続け…
さすがの彼も、マリーンズファン(「サポーター」と呼ぶらしい)の応援の熱さに、すっかり度肝を抜かれてしまった。
と、披露した一角鬼を見かねたのか、黒縁メガネが言った。
「よかったらちょっと休憩しません?もつ煮おごりますから」
「…モツニ?」
その聞きなれない言葉を、オウム返しする一角鬼。
「マリンの外野に来たなら、やっぱこれですよ!」
「…もつ、に??」
「そうそう!」
二たび、その言葉を口内で転がしてみる。
メガネに連れられ、コンコースに再び出てきた一角鬼。
彼に勧められ、「モツニ」なる謎の食物を試すこととした。
手の上でほかほか、とあたたかさを放っている容器いっぱいに盛られたその具沢山のスープは、潮風に吹かれてふわふわと湯気を飛ばす。
どうやらそれは日本の調味料・ミソで煮られているようだ。




(ふむ…肉の切れ端?弾力があるな、臓物を煮たものか?)
恐る恐るそれをハシでつまみ、口に入れてみる…
刹那。
「…!」
ぱっ、と、一角鬼の表情が変わり。
次の瞬間、ZOZOマリンの外野コンコースに、シンプルな驚きと喜びの声が響くのだった。



「うまーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!」




試合は進む、どんどん進む。
あっという間に中盤を通り越し、もう7回の表。
ホークスのファンが球団の歌?らしきものを歌ってから、攻撃が始まった。
通路をせわしなく行きかうファンたち、そして…大荷物を運びながら声を上げる売り子たち。
たいていはビールの樽を背負って飲んだくれたちに酒を供給する者たちだが、そうではないものを売り歩く者もいるらしく…
そのうちの一人が上げた声が、兄弟の耳に飛び込んだ
「ジェット風船いかぁーっすかあーっ!ジェット風船どーですかぁーーー!」
その言葉、こんな平和な球場で聞くはずもない単語。
野球の試合に陶酔しきっていた二角鬼と三角鬼の表情が、鞭うたれたように強張った。
「?!」
「ジェット?!」
ジェット…
強力なエンジンで空を割く航空機。
敵地爆撃にも使用される空戦機が、まさか、このようなエンターテイメントの場所で販売されているとは…?!
「こ、こんな場所でジェット…?!」
「人間どもの科学力…どうやら、俺たちはなめすぎていたようだな、三角鬼」
ごくり、と、息を呑む。
愚鈍と侮っていた人間ども…しかし、それもまた、鬼である自分たちの侮りであったか。
が…
もちろん、野球場でそんなものが売られるはずもない。
緊迫した二人、その二つ隣の青年が手を挙げ、そのジェットの販売者に声をかけた。
「くださーい」
「はい、200円です!」
そして、何やら小銭らしきものを乗せた手を伸ばし、売り子が渡す何かと交換している。
「…?!」
…手のひら大の大きさ、ビニール袋に包まれた、四角い何か。
これが、「ジェット」…?
あんなに小さいものが?一体これは…?
頭の中が「?」だらけになった鬼の兄弟、目をぱちくりさせている。
「あ、あの!」
「…?」
「…これって、何ですか?」
思い切った三角鬼、その青年に呼びかけた。
いきなり問いかけられたその若者は、一瞬困った顔をしたものの、すぐに笑顔になって答えてくれる。
「ああ、これは7回裏の攻撃前、みんなでふくらませて飛ばすんですよ!」
そう言いながら、手に持ったビニール袋の包装を開け、中から何やら取り出して見せてくれた…
ひょろり、と細長い、ゴム風船。
どうやら、野球ではこの風船をジェットと称するらしい…
空を飛ばすからジェットらしい、なるほど。
納得した次兄、自分たちもそれに倣うこととした。
青年と同様に、ジェットの販売者を呼び寄せる。
「ひとつくれ」
「ありがとうございまーす!200円です!」
銀色の硬貨二枚と交換だ。
「ウイングバルーン」と書かれた台紙につけられたジェット風船は、4本もあった。
「ほれ、半分」
「ありがと」
2本ずつ分けたその風船は、先端に吹き込み口?らしきものがある。
「7回裏?の時に、飛ばす…んだっけ」
「なんだ、それじゃもうそろそろか?」
そう、気が付けば、7回の表もツーアウト。
はっ、となって周りを見回してみれば…結構な人数のマリーンズファンが、ジェット風船に息を入れ始めている。
しかし、大きく細長く膨らまされた風船、それらを皆手でホールドしているようだ。
吹き出し口を手で押さえたり、根元を空気が漏れないようにつまんだり…
二つ隣の若者も、すでに膨らませた風船をしっかりと握り、準備万端の模様。
やはり、7回裏になったら、「みんな」で飛ばすことになっているらしい。
勝手に飛ばすフライングはご法度だ。
「じゃあ、俺たちもやるか!」
すうっ、と大きく息を吸い込み…一気に風船に息を吹き込む二角鬼、体力自慢だけあって肺活量は抜群だ。
あっという間に二本ともパーフェクト、セッティング終了だ。
「…うぅ」
一方、兄同様一気に膨らまそうとした三角鬼、思わず酸欠でくらついてしまう。
「大丈夫か?俺がやってやろうか?」
「う、ううん、大丈夫」
それでも何とか2本とも膨らませ、たぶんあるだろう合図を待つ…
スリーアウト・チェンジ。
マリーンズの選手たちが、一斉に自軍ベンチに帰っていく。
ビジョンに映る、"Lucky 7"の文字。
やがて…スピーカーから、さわやかなメロディーが流れだす。
チアリーダー、M☆Splashのメンバーたちも、手に手に金色のポンポンを持って、グラウンドに駆けていく。
彼女たちを追いかけて、大きなカモメのぬいぐるみも…名を「マーくん」と言うのだが、鬼の兄弟たちはそれを知る由もなく…ぽてぽてとした足取りで現れる。
その歌は、もちろん彼らにとって初めて聞く曲だった。
けれど、周りの観客がそうするように、一緒に膨らませたジェット風船を、曲に合わせて大きく天に突き上げる。
観客席で、真っ白いジェット風船が、一緒に踊っている。
チームの勝利を、マリーンズの勝利を、共に願って…
「…!」
そうだ、たったの2点差だ。
追いつける。追いつくんだ!



We Love Love Love, Love Marines
We Love Love Love, Love Marines
王者はおごらず 勝ち進む
千葉ロッテマリーンズ!


うたう。人はうたう。思いを込めてうたう。
それは祈り。それは願い。それは聖歌。

人々の手から、ジェット風船が飛んでいく。
放たれた風船は、甲高い音を鳴らし、空に舞う。
兄弟たちも慌てて風船を手放した。
「わあ…!」
スタジアムの上空に、真っ白なジェットが飛び乱れる。
無数の軌跡を描きながら…
思わず出た感嘆の声。
一瞬現れた幻想的な光景に、鬼たちは目を奪われた―




Tan-tan-ta-ta-tan!
「おーおーおーおー、ろって!」
Tan-tan-ta-ta-tan!
「おーおーおーおー、ろって!」
Tan-tan-ta-ta-tan!
「おーおーおーおーおーおー!」
La-Lalala-lalala-lalala-!
La-La-la-lalala-la-la-la-lalalala-!
「ちーば、ろって!」
La-Lalala-lalala-lalala-!
La-La-la-lalala-la-la-la-lalalala-!
「ちーば、ろって!」
Wow-ow-ow!!
「うぉーおーおー!」
Wow-ow-ow-ow-ow-ow-ow-ow--wowow!

Wow-ow-ow!!
「うぉーおーおー!」
Wow-ow-ow-ow-ow-ow-ow-ow--wowow!
「ちーば、ろって!」

あっという間に駆け巡る、相手投手の速球を鋭く打ち返したスズキダイチ選手がダイヤモンドを駆け巡る。
彼の足が確実に二塁を…一般的に点が入るチャンスが増大する「得点圏」(スコアリングポジション)と呼ばれる…捕えこむ。
外野席に鳴り響くヒットテーマ1、マリーンズ反撃の狼煙。
もうメロディーも覚えた一角鬼も、黒縁メガネとともに声を上げる。
マリンスタジアム・ウグイス嬢タニホ女史の美声で、代打がコールされる。
ビジョンに映し出される選手の表示と絡まりあって、スタンドのファンを熱狂させる―

『…に代わりまして、…フクウラーー!背番号・9ーー!』

どうやら、彼はマリーンズにとって最高峰の選手の一人らしい。
福浦タオルを、彼を応援するパネルを掲げだす者たちも現れる―
―と。
応援団に、動きが現れる。
「行くぞー!」
彼らの呼びかけに、外野席のサポーターたちが一斉に身構える。
奏でるメロディーが…変わった。
「!」
それは、はじめて聞くメロディーだった。
スネアドラムが刻む。細かい手拍子を、全員が打つ。
そして…彼らは、飛ぶ。
その全身で、スタンド全てを揺るがす!



Lala-lala-la-la-la-la----!
Lala-lala-la-la-la-la----!
『さあ男ならば その魂ぶつけろ!』


サポーターが歌うその歌詞は、だが、フクウラ選手の歌とは違うようだ…?!
必死に歌詞カードのフクウラ選手の欄に何度も目を走らせるものの、そのラインは何処にもない…
「これは…ど、何処だ?フクウラ選手のところに、この歌詞ないぞ?」
「チャンステーマですよ」
「ちゃんすてーま??」
困惑する一角鬼に、黒縁メガネは説明する。
「こっちに点が入りそうな絶好のチャンスの時、選手を励ます歌です!これこれ」
「そうか…ここでフクウラ選手が打てば、こっちに点が入る『たいむりー』という奴だな!」
「そうです!」
つまりは、今は大チャンスの時。
サポーターたちも全力でそれを後押しするのだ。
声は、ただの音ではない。
それは、力そのものだ。
マリーンズナインを立ち上がらせる、彼らの心を鋼に変える力そのものだ…!
幾たびも繰り返されるメロディー。
やがて、一角鬼の脳内にもそれが焼き付く。

うたう。人はうたう。思いを込めてうたう。
それは祈り。それは願い。それは聖歌。

強大な音が、振動が、うねりとなって、一挙にグラウンドになだれ込む。
敵チームナインの心を圧迫し、マリーンズナインの心を震わせる。
サポーターの声はもはやガイヤだけではなく、ナイヤからも鳴り渡る。
叫ぶ―
叫ぶ―
全身で叫ぶ―
無数の人間たちが、一様に。
その中に紛れ込んだ異物、鬼の兄弟も、叫んでいた。
一角鬼も、二角鬼も、三角鬼も。
全力で、全開で、フクウラ選手の為に―!

『さあ男ならば その魂ぶつけろ!』


ピッチャーが、その圧力を打ち払うように、一回頭を強く振り。
構えて、ボールを握り直し、振りかぶる。
放つ。白き硬球が弾丸となって、キャッチャーミット目掛けて流星となる。



そして―
きぃいんっ、という甲高い音とともに、フクウラ選手のバットが流星を左翼深くまで跳ね返していった―



「残念でしたね…でも、よかったらまた外野に来てくださいよ」
「おう!あんたのおかげで、すげえ楽しかったぜ!」
試合終了後。
半日を共に過ごした戦友、眼鏡のに、一角鬼は笑った。
あの後マリーンズはフクウラ選手のタイムリーで1点を返したものの、惜しい当たりが連発。
残念ながら、そのまま1点差で逃げ切られてしまった…
しかしながら、初のプロ野球観戦…
大いに楽しめた試合だった。
しかも初観戦にして外野席というなかなかにチャレンジングな場所であったが…マリーンズを熱く応援するという経験ができたのも、ひとえにこの気のいい黒縁メガネのおかげである。
「よかった!次こそ勝ちましょうね!」
「ああ!もうヒットテーマも覚えたから、完璧だぜ!」
お互いに健闘を称えあい、連絡先を交換する。
念のため、人間界偵察に出る前に取っておいた情報収集用偽装電子メールアドレスが役に立った…
「スギウラ」と名乗った黒縁メガネと笑顔で握手、必ずこのZOZOマリンスタジアムでまた会おうと約束して、一角鬼は外野席を後にした。
人間界に侵略したら、ぜひこの男を自分の配下に取り立てよう…
そんなことを、ぼんやり考えながら。

試合が終了し、ばらばらとファンが帰途につく。
「おーい、二角鬼、三角鬼ー!」
スタジアムを出た一角鬼、テレパシーで(鬼なので人間どもが持ちえないような特殊能力を持っているのも当たり前である)分かれて観戦していた弟たちに呼びかける。
「兄ちゃん、どうだった…ああっ!」
果たせるかな、テレパシーを察知したすぐに弟たちは現れた。
彼らも野球の試合を満喫したらしく、満面の笑顔…
だが、一角鬼の姿を見た途端、それが驚きと怒りに変わる。
「何それ、兄ちゃんだけずるいぞ!」
「仕方ないだろう、『外野席』だとこれがあったほうがよさそうだったからな」
いつの間にか自分だけユニフォームやタオルを買っていた一角鬼、弟たちに責められる。
偽装のために必要だった、と言い訳するも、その表情がゆるゆるなので、説得力がない。
案の定、自分たちも欲しいとぶーたれる二角鬼と三角鬼。
「俺も欲しい!」
「僕もー!」
「ようし!じゃあ、潜水艇に戻る前に…買っていくか!」
駄々をこねる弟たちに、一角鬼はにかっ、と笑って見せ。
親指で、遠くに輝くマリーンズストアを指して見せる…
まだまだ興奮冷めやらぬファンが今日の土産を求めて賑わうショップに、彼らは足を向ける。
彼らもまた、その群れに加わる。
今日という、あまりに素晴らしい初観戦試合の記念を探して...


潮風が吹く。無数に立ち並ぶ、のぼりが風にあおらればさばさとはためく。
そののぼりの中、バットを持ち雄々しく立つフクウラ選手が、彼ら三兄弟を静かに見送っていた―


PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。